スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Inter×Udinese 2010年09月12日 スポーツ雑記 トラックバック:0コメント:0

Inter×Udinse 2-1

思った通りの試合展開。
僅差の試合だったが内容的にはインテルが結構優位だったと思う。
ウディネーゼも何度か決定的なシーンがあったが、そこを決めきれないところが上位クラブとの差か。
試合開始序盤はインテルがボールをキープして、ウディネーゼがブロックを作ってという展開だったが、前半終盤から後半はウディネーゼがボールを動かす時間が増えてきた。
特にインテルがラインをかなり上げてきていたのでその裏を狙う動きが多かったが、オフサイドを取られることが多かった。
インテル守備陣がバイタルにボールが入った時にチェックに行けてないことが気になった、今回はフローレスがターゲットだっただけに(後半から入ってきたコラーディはCBとボランチのラインの間というよりはむしろCBに体を預けてボールをキープすることが多かった為に一応対処は出来ていた。)後ろの最終ラインで対処できたが、もしCLの決勝トーナメントレベルの試合になった時にバイタルでフリーでボールを持たせると痛い目に遭うことも多いだろう、その時はしっかりとボランチがケアに行くかもしれないが。
後半からウディネーゼは、4バック気味に試合を展開、中盤が3枚になったことにインテルが対応出来ない間はチャンスを作っていく(間というよりは終始対応できてなかった印象がある。)特にサンチェスはアンタッチャブルな存在と言っても過言ではないだろう。
ただ、サンチェスのプレーをまだ他の選手が共有しきれていないのが残念だった。
62分にコラーディが入ってきて個人的にはかなり嬉しかったが、フィジカルを使ったプレーに終始。ボディバランスは強いだけに体を使うのは良いがもう少し味方のことを考えたパスを出すべきだと思う。
2点目のPKの原因となったアンジェッラのハンドはしょうがないと思う、むしろ、セリエAデビューでエトー相手にPKを与えただけなのでよく頑張った方だと思う、それよりも攻撃陣は決定的なチャンスが何度もあったので責めるならばそっちを責めるべき。

インテル側で気になったのがマリガの起用。
怪我人が多いのは分かるが、個人的にはサネッティをボランチ、コルドバ&キヴのサイドバックで良いと思ったのだが。
デキが帰ってきたらあの位置はデキなのかな?
それにマリガはまだまだインテルのスタメンを張れるほどの実力は無いと思う。
相手のアサモアの方が守備でも攻撃でも上だったと思う。

次回はCLでトゥエンテとの対戦だがインテルとしては今回のようなゲーム展開でも勝てる相手だと思う。
まだモウリーニョの遺産で勝ってきているところがあるので(選手の意識上守備を優先するところなど)ベニテス色を出していけるのはこれからと言ったところか、ベニテス色がどんなもんかは分からないけど。
ってかモウリーニョもベニテスもやるサッカーあんまり変わんないよね。

ウディネーゼの方はとりあえず、サンチェスを軸にした攻撃を確立すること。
サンチェスがどんな動きをするか味方まで分からなくてはダメ。
守備はある程度安定してたから良いと思う、特にスナイデルがバイタルでボール持った時のサパタが止めてドミッツィがクリアしたのは良かった。


久々のマッチレポート読みづらいの勘弁してください。

スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://rockfoot.blog38.fc2.com/tb.php/472-07040b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。